• NARD JAPAN 認定校岐阜県土岐市アロマサロン&スクール巡の香

    私がアロマテラピーを学びはじめた
    約10年前

    フランス式アロマテラピーと言えばNARD JAPANだった
    メディカルアロマテラピーと言えばNARD JAPANだった

    NARD JAPAN のアロマテラピーは
    精油の原液塗布レシピも
    経口摂取レシピもある

    そういう認識だった
    そして、それは
    ちゃんと知識を持った人が
    自己責任で使うレシピという認識だった

    使用レシピも公に公表される事がなく
    協会会員の
    表には出さないという
    スタンスを強く感じました

    そのころの私は
    NARD JAPAN での資格は持っておらず
    むしろ
    精油の化学という分野で
    アロマテラピーの資格を取る必要はないかな
    と思いながらも

    そこまで勉強する力が自分には無いと思っていた
    というのが正直なところです

    今でも普通にNARD JAPANのレシピには
    高濃度のレシピも
    原液塗布のレシピも
    経口摂取のレシピも
    ありますよ

    でもやっぱり
    NARD JAPANの会員はそれを勧めないです
    何故かわかりますか?
    精油の品質だと思いますか?

    違います(笑)

    それは、学べばわかることです

    どんな時にどの濃度で使うのか
    どれくらいの期間
    どれくらいの範囲で使うのか
    どの精油を選ぶのか

    でもね
    精油の事を使いこなして
    わかってくると
    こんなふうに思われると思います

    あれ?
    別に高濃度がいいってわけでもない?
    高濃度ってそんなに必要?
    経口摂取の必要性ってあるの?

    今のNARD JAPAN のスタンスは
    フランスで発展したアロマテラピーをベースに
    リラクゼーションを目的とした使い方も取り入れる
    という考え方になっています

    スタートがベルギーですから
    ベースがフランスになるのは当たり前の話だと思いますし
    ストレスケアが恒常性の維持となり
    病気の予防や健康管理に繋がる事を考えると
    精油の持つ薬理作用だけが重要ではない
    というのも理解できます

    そして
    メディカルアロアテラピーという言葉の使い方
    しないでね というスタンス

    理由はメディカルという単語が
    紛らわしいし、世の中に誤解を招く
    そんな理由だそうです

    なので
    私のプロフィールにも
    メディカルな精油活用
    そんな表記にしてあります

    精油や身体の事を学んで
    自分自身で精油を使っていく
    そんなお手伝いをしていきます
    という意味です

    私がNARD JAPANで資格を取る以前
    NARD JAPANのアロマテラピーのイメージは
    精油を化学成分として理解して使用する

    そんなアロマテラピーって薬と一緒じゃん
    と思っていました

    ただ、この世の中に物質として存在する限り
    なんらかの成分で出来ているに違いありません

    10年前のアロマテラピーは
    スピリチュアルアロマテラピーというのもブームでした
    創設者が瞑想中に降りてきたブレンドを
    ヒーリングの精油として販売していた会社もありました

    でも
    それも私にとってはなんだか違うように思いました

    この2つの板挟みで
    精油ってなんだ?
    私のやりたいアロマテラピーってなんだろう?
    感覚的に訴えかけてくる部分
    物質として存在してくる部分
    両方を持ち合わせた精油の存在

    正直、当時の私は混乱していたし
    今で言うところの「モヤモヤ」した気持ちでいっぱいでした

    それから数年後
    当時一緒にアロマテラピーを学んでいた友人が
    突然この世を去りました

    なんの前触れもなく突然です

    来年のイベントの計画も
    これからの色々な事もお互いに話していたのに
    目を疑うメールが届いたのは
    1月2日の朝でした

    それからしばらくパニックになりました
    ぽっかりと空いてしまった
    大きな心の穴はなかなか埋まりませんでした

    死とは一体なんだろう?
    死についての本

    宗教から、死化粧師
    死に関わるお仕事をされている方の本
    何かヒントがあるのでは?と

    読み漁りましたけど
    結局何もわかりませんでした

    一つわかったことは
    時間が解決してくれる

    そして

    薄まっていく感情も
    忘れて行く痛みも
    自分を守ってくれる
    優しさの一つなのだな
    そんなふうに思いました

    巷にあふれていたスピリチュアル的要素
    そんな時にある人から私に投げかけられた言葉は
    優しさや善意なのかもしれませんが
    私にとっては私を救うどころか
    わけもわからず
    心の傷を広げるナイフでしかありませんでした
    誰のための「癒やし」なんだろう
    そんなふうに考えるきっかけにもなりました

    友人の死があって

    アロマテラピーから少しの間
    遠のいていましたが
    そんな理由でアロマテラピーから遠のいていたら
    彼女に申し訳がないような気もして
    ちゃんと動こう!と思うようになり
    その頃から知り合い
    仲良くなった友人のお店や
    イベントなどに出店するようになりました

    友人の死がきっかけで
    スピリチュアル的要素で
    アロマテラピーをやるのはやめようと思いました

    スピリット
    スピリチュアルは個人的には嫌いではありません

    そんな感じ方も必要ですし
    感覚的に受け取る事もあります

    でも
    使い方がデリケート

    場合によっては
    強く人を傷つけたり
    もしくは不快な思いをさせる
    そんな要素が大きすぎると私自身が感じました

    相手の心を理解する方法
    ひとりひとり違うこと
    それを何かの型にはめてしまうのは
    本位ではありません
    だからやめました

    そしてイベントでWSをするうちに
    私のこの知識で
    お金をいただくWSをしてもいいのだろうか?
    そんな事を感じるようになりました

    10ある知識の10を出してしまうような
    そんな感じと
    ネットで検索すれば
    なんでもわかる世の中で
    この知識は薄いのでは?と思うようになりました

    ずっと抱えていたモヤモヤもあります
    これを抱えたまま
    アロマテラピーとして
    アロマトリートメントの仕事をしてもいいだろうか?

    モヤモヤを解消するには
    自分が変わるしかありません

    精油の化学そんなアロマテラピーの資格
    まずは学んでみる解決方法でした

    だから結局
    必要ないと思って避けていたところに
    戻ってきてしまったという

    そして
    化学、薬理的、薬みたいな精油の扱い
    と思っていた
    NARD JAPANのアロマテラピーのイメージが
    あれ?あれれ?なんか違うくないですか?
    という流れになって今日に至ります

    続きはまた
    言葉がでてきそうな時に綴ります

    今まで
    いつか書こうを思っていた事が

    なんだか突然
    PCを開いたら
    つらつらと出てきたので
    出るにまかせて書き連ねました

    今度いつ出てくるかわかりませんが(笑)

    私は特にNARD JAPANの信者でもありません
    ただ、今 アロマテラピーを学ぶのに
    NARD JAPANが一番しっくりときます
    なので ここを軸に
    自然や植物の事
    人の身体の事に繋がりたいと思いますし
    アロマテラピーの事をもっと知りたいと思っています

    なにがどうというわけでもない文章に
    最後までお付き合いくださり

    ありがとうございました

    夜の書いた文章は危険かもしれませんが
    このままUPしようと思います

    MEGURUnoca