• NARD JAPAN 認定校岐阜県土岐市アロマサロン&スクール巡の香

    今年入会しようと思っている薔薇十字会。このバラ十字のシンボルはキリストの十字とは関係なくシンボルの意味は[十字は両手を広げて立っている人][薔薇は魂]を示しているそうです。で、トート・タロットの表紙も薔薇十字。トートのカードの中にも時折バラ十字が出てきます。トート・タロットを作ったクロウリーも薔薇十字団に関わっていたという事は後から知ったのですが…繋がっていたのだなぁと。

    そう!ローズは魂。古代よりローズの香りは人々を魅了し、その存在、香りを人々は今も必要としている。そう捉えると毎年企画しているバレンタインのローズショコラは魂レベルの深い意味を持つ気がして嬉しいです。

    実はお話しの本題はここからなのです。

    昨日読み返した放送大学のテキスト[健康への力の探求]

    ホリスティックな見方では、人間は[からだ]と[こころ][スピリット]が全体とし統合されていて、個々に独立した部分の集合を超えた存在であること。(略)言い換えれば[生きる意味][生きがい]を持つ解釈。そして身体的、精神的、社会的に十分な調和がとれた状態。[ウェルビーイング(良好)]というポジティブな状態に目を向けようとしている。心理学的には[自己受容][他者とのポジティブな関係][自律性][環境制御力][人生における目的][人格的成長]と書かれています。

    これ凄くないですか?
    カードのリーディングもこれなんですよね

    健康の定義をどの視点で捉えていくのかは人それぞれです。それでも全体を通して見ていくことでより深く、何を探求していくべきか見える気がしませんか?入口は違えど着地点はみんな同じ場所。気がついている人はもうそれぞれの道を同じ目的地に向けて歩みだしているのだと思います。世界規模で(コロナが一つの起爆剤ですよね)。私はアロマテラピーから香りの化学、人の暮らしや健康、植物や自然界、そして宇宙という繋がりになり今ココの状態です。カルトっぽくなってますが性格上スピリチュアルの何故?を追うとカルトになるのだと理解した最近です。

    でも、結局全部一緒で一つです。