BLOG

MEGURUnocaのおやくにたてたら嬉しいおはなし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. :植物NOTE
  4. より良く生きる力を解き放つ

より良く生きる力を解き放つ


週末はNPO法人日本森林療法協会:森林セルフケアサポーター資格取得のための室内講座でした。本来なら明日、来週が東京で実地研修、体験会、支援研修の予定でしたが延期となりましたので、ひとまずZOOMで座学を受講。

森林セルフケアサポーターの活動は様々で、全体を通して言うと[自然と人を繋ぐ場としての森や林そこで過ごす時間をサポート]森との繋がりの中で実践できるセルフケア。それは、森に行って無理なく自分自身をケアする健康法です。

そして、この協会のコンセプトは全ての人のより良く生きる力を解き放つコトを森との繋がりの中で実現していくこと。[エンパワメント]人は生まれながらに能力をもっている。社会的に抑圧されてしまった能力を開花させていくこと。

森林セルフケアによるエンパワメントの実現

それは難しい話ではなく
個々の感覚を大切にすること

遠くの森だけでなく、近くの自然、公園、身近な植物
自然の力を感じて本来もっている自分の力を目覚めさせる事です

森林の事、自然の事、そして人の力、自律神経、内分泌、免疫など幅広く触れていく座学でしたが、なんと!今まで学んできたNARDのアロマの知識+αはこういう時に本当に助けになり、[アロマテラピーを学ぶ]から繋がる自分自身に蓄えられた宝物が生かされる嬉しい瞬間でもあります。

自然、人、心、そしてコミュニケーション。学んでいて良かったと思う事は人それぞれかもしれませんが、アロマテラピーの学びは自然療法の基礎を幅広く網羅しています。なので、自然に関わる自然療法においては本当にやっていてよかった!を実感できると思いますよ。とそんな事を思った1日でした。そして、自然と人との関わり合い、知識を上手に活かしながら、個々が自分自身の内面へと繋がる必要性とそのサポートをしていくためにも、今までの知識が生かしていけると強く確信した1日でした。

関連記事