• 岐阜土岐アロマサロン&スクール巡の香|メグルノカ

    本日はNARD JAPANアロマ・アドバイザー資格取得試験でした。昨年からの一年間のレッスンは長かったようで、あっという間!不思議な気分ですね。[キンチョーします]との事ですが、大人になってからの試験という経験も自分で選択しないとできない貴重な経験です。大切なのはレッスンを通じて何を体験して気付いてきたのか!です。

    世界は今、大きな転換期を体験しています。そんな中でこれからの世界、社会が大きく変わり、今までの在り方では生き残れないと言われる方もいます。特に子供の教育をどうるすのか?これからの教育に変化を感じ、シフトチェンジをしていく教育者も多いようです。

    そうなると、当然ですが、大人の学ぶスタイルも同じくシフトチェンジに入ります。
    今後大切になるのは[やる気、協調性、楽観性、誠実さ]という人間性を育む教育です。どういう事かわかりますか?今までの[記憶、学力、処理能力]を上げていく教育ではこれから訪れる世界を乗り越えて行けないということです。

    資格よりも体験=プロセスを大切にしたい!
    という以前からの私のスタンスにマッチ!

    プロセスの中に何があるのか?驚き!発見!気づき!楽しさ!世界の素晴らしさ!などなどです。
    そこにあるのは人類だけでなく自然界との協調性。自然界の素晴らしさ、人の能力の素晴らしさを知ることでの楽観性。その驚きや発見は楽しさにつながります。そして、それは気づきになります。
    楽しい!ワクワクする!そんな学習は脳においてもドーパミンを放出させて、さらなる快感物質と共に集中力や記憶力を上げていきます。そんな楽しさのプロセスの中で繰り返すことで脳細胞は強化され発火し直感力が高まります。問題にぶち当たったとしても、その壁を乗り越えるプロセスを楽しむ術を知っています。

    正直に言ってしまうと、NARD JAPANアロマ・アドバイザー資格取得の道は難しい、NARDのアロマは難しいと定義づけしたのは私たちのような認定校をしている側が発してきた言葉の力です。本来NARDのアロマの学びはそんなに難くないですし、試験も難くありません。(私がお出ししている試験対策プリントの方が難しいくらいです)。何故、難しいと言っているのかわかりますか?難くすることで価値を上げているからです。

    難しい勉強をしてきた、努力をして資格を取得してきた、頑張った人しか行けない場所。そんな付加価値です。たしかに、努力して頑張ったきたのですが、その前にもっと大切な事があるのです。それは[アロマを知りたかった][香りが好き][知っていくことが楽しい]そういったワクワクとした気持ち、知っていく楽しさ、などなどです。人にとっての壁はそれぞれです。本当にやりたいことを叶えるとき人はどうするか知っていますか?本当に叶えていくのです。

    これはハーバリウムアロマサシェという講座をしていたときに強く感じました。何がなんでもやりたい人は障害となる距離をも軽々と超えます。自分で[出来る状況]を創り上げていきます。家族がどうこうという問題も[旅行にかこつけて]とか[帰省にかこつけて]と出来る方向に知恵を絞ります。その時の感想は[やればできちゃうんですね]の声でした。

    だから、できるんですよ
    やりたい!と思った瞬間に叶えているわけですから

    また、話しがそれました

    NARDのアロマは言われるほど難くないです
    試験なんて簡単に合格できます

    そして、この12レッスンで学ぶ内容
    このプロセスは本当によくできた内容です
    素晴らしいと思っています

    何故なら
    世界で起こる大きな転換期に対応する
    素晴らしい自然と人との在り方が香りを通じて学べるからです

    これがなかったら
    私自身、認定校を続ける面白さを感じなくて
    スグにやめてます(笑)