• NARDJAPAN認定校岐阜土岐アロマサロン&スクール巡の香|メグルノカ

    先月お越しいただいたお客様はカードリーディングモニターのお客様でした。

    私がこの流れに至るまでの経緯と、お客様がリーディングモニターを受けようと思った経緯、それぞれに物語があり、そうなる流になっていだんだなと、お話しを伺って感じます。

    リーディングの質問内容は其々ですし、その奥にあるお客様の中にある出来事の繋がりを私は知りません。なのに、なぜか全部が[そうなんですよ]と[でも、なんで?]と出るべきカードが出てくるのか?

    占いではないカードリーティングですが、私自身も驚きます。カードの解釈次第でしょ?と思う部分もありますし、以前の私なら[なんとでも言えるよね?]と思っていたのですが、実際にカードリーティングをしているとそれ以上の[何か]が展開していくんですよね。

    最近は[そういうもの]と受けとめているので、以前ほど驚くことは少なくなったのですが、リーディングをしたあとに伺う話しが[実は…]とカードに繋がっていくので、やっぱり驚くのです。

    ここで何が起こっているのか、これまで私が感じた事を言葉にすると。私とカードの関係性が出来上がっている。

    昨年の11月の半ばに購入してからリーディングは毎日やっています。その中で積み重なって繋がっていくあれこれは、その時々の私の意図と絡み合い、先に起こる現実を創り出してくれます。何をすべきか?何に向かうべきか?自分自身の自問自答。自分はどうなりたいのか?何を恐れて居るのか?そして、どうなったのか?そんな毎日の読み解きの中で出来たのは[カードとの信頼関係]です。

    物との信頼関係?と思われるかもしれませんが、たしかにコレは信頼関係なのです。その中で生まれてきたのが、私と同じ波動領域にあり、エネルギーの場を共有している感覚です。そして、そこにお客様が入ってこられる事わけですが、お客様と私の関係性の中でできる波動領域が共有になればリーディングでのカードも一体感となり、その結果[なんで?]というようなズバリのカードを示してくれるのでは?と思っています。

    リーディングをしていくなかで、パッと全体を通して見えてくることもあり、先にそれを繋げて話す事もできるのですが、それをしてしまうとお客様自身が気づいていく大切なプロセスが抜けてしまう事もあるので、できるだけ先に走らない事を最近は心がけています。問いかけを大切にしながらガイドしていく。そんなスタンスでもあります。

    6月はカードリーティングモニターのお客様が多いのですが、そのお陰でお客様を通して[私自身をみる]そんな機会にも恵まれてありがたい時間をいただいております。

    リーディングの後は前回受けられたバーチャルアロマトリートメントのブレンドのご依頼をいただきました。

     

    台湾檜、四万十檜、シダー、フランキンセンス、クラリーセージのブレンドは誰も踏み入れたコトのない神聖な森の奥にシンと香る豊かな森の生命を感じる香りとなりました。バーチャルアロマトリートメントのメリットは皮膚塗布しないので普段は使えないような精油もブレンドできる点です。ブレンドオイルの使い方はルームスプレーやディフューザーとしてお使いいただけます。

    バーチャルアロマトリートメントの感想もいただきありがとうございます。

    見えない力がなんであるか?従来やってきたアロマテラピーとは違う、傍からみたら先を行き過ぎて理解していただけないかも?と思っていた私のやり方に[メグルノカさんだから信頼できる]と来ていただける事が本当にありがたく嬉しく思います。

    私だからできること
    そして、私にしかできないこと

    それは
    これからの社会の[個]の持つ力を活かしていく
    そして、それを楽しみ、そこに歓びを見出す事
    自分自身がやりたい!と思うことをしていくこと

    そこには勇気が必要ですが
    叶える力のお手伝いができるように
    私自身も越えてきたのだなと感じます

    一人ひとりが
    続く誰かのための雛型であり
    そのためのプロセスを体験していくこと

    学ぶことが結果ではなく
    学ぶプロセスを通じて
    自分の世界を広げていくこと

    一人一人が力を持っていること
    私自身が強く信じています