• 土岐市アロマサロン|メグルノカ

    情報と感覚

    アロマテラピーの仕事をする以前は
    広告業界にいました
    新規開拓から企画営業、ディレクション
    そして、紙媒体のデザインからWEBデザインと
    19才の終わりから40才くらいまで
    なんだかんだと広告業界に属していました

    それは純粋にデザインすることが
    好きだったからです

    企業や商品をこう見せたい!という
    お客様のイメージをカタチにしていく仕事
    そこに自分自身のオリジナリティを少し加えて
    お客様と1つのカタチを創り上げる
    仕事の面白みを感じていました

    でも、ふと自分は広告に向いていないのだと
    自分のどこかで氣がついていました

    私は自分の感覚や気持ちに正直過ぎるあまりに
    自分が良いと思わないモノや
    何故だろう?というモヤモヤがあるモノに
    これは本当に私が関わっていいのだろうか?
    という疑問が湧いてくるのです

    気持ちが積極的に乗らないものを
    広告にすることに抵抗がありました

    なんでもかんでも売ればいいのだろうか?

    広告は情報をコントロールする力を持ちます
    情報は人にイメージさせ感覚や感情を動かすモノ

    イメージが購買意欲という感情を生み
    購買する行為に繋がり商品が売れていきます

    実際問題、この世界は
    本当に良いものが売れるのではありません
    人の心を動かす表現でモノが売れていきます

    これはモノを売る情報だけではありません

    巷にあふれている情報
    日々無意識的に
    人々の意識の中に入り込んでいます
    無意識的に自分に入り込んだ情報は
    自分が氣づかない内に
    自分の感覚として扱われています

    情報が何なのか?
    この数年で氣づき始めた人も多いかと思います
    同様に未だに氣づかない人も多いです

    情報は意識に入り込み
    感覚を操作します
    それが何を意味するのか?わかりますか?

    マインドコントロール

    マインドコントロール(英: Mind control)とは、操作者からの影響や強制を気づかれないうちに、他者の精神過程や行動、精神状態を操作して、操作者の都合に合わせた特定の意思決定・行動へと誘導すること・技術・概念である。
    –WIKIより引用–

    全ての情報が悪い訳ではありません
    大切なのは
    自分の感覚に意識的にある必要性
    本当の自分が何を感じているのか?

    これは1人1人が幸せであるために
    まず、自分自身が氣づくべき
    シンプルかつ大切なコト
    そして
    心身の健康にも関わる大切なコトです

    そんな広告デザインの仕事に携わった私が
    アロマにシフトして、さらに見えたコトが
    今に繋がっているMEGURUneoであり

    アロマユニバースや
    ハートアップアロマなどの
    アロマアートワークの存在意味と意義です

    そして
    もの凄いスピードで変化している今
    何かしらのお役に立てたらと思い
    様々な活動にチャレンジしています