• 土岐市アロマサロン|メグルノカ

    愛について考えた時
    正直、私自身は混乱する
    これまでも大いに混乱していた

    そもそも愛とは考えるものではないのだから
    考えなくてもいいのだろう
    感じていけば

    そんな時にハートのセンサーが感じ取った
    あ…これだったんだ
    そんな瞬間が5月には何度もあった

    それは突然に瞬間にやってきる
    胸の奥がふわりと暖かく満たされる感覚
    コトバにするよりも先に
    身体が嬉しいと感じている
    これまでも何度も体験した感覚だった

    愛というコトバは
    いろんな顔を持っている
    自分の中に長年埋め込まれた
    愛というコトバの持つ世間から得たデータは
    受け取るには重すぎて
    そこには重圧のような責任すら感じる

    優しや、思いやり、慈しみ、氣くばり

    世間の値から自分はズレているのかも
    そんな評価を自分にしてきたけど

    私には私が大切にしていた
    愛のカタチがあったのだと思い出した

    一言で言えてしまうコトバ

    ”博愛”

    このコトバが私にとっての愛の体現として
    とてもしっくりと安定するコトバ

    おもしろいことに
    水瓶座の持つ特性であり
    数秘での人生のテーマでもあった

    重くもなく軽くもなく
    ただあるがまま平たく愛

    このバランスを見失っていたから
    愛に混乱していたけど

    私は博愛主義者の水瓶座だし
    数秘の人生のテーマも博愛主義者だから
    これからはもう その力を借りて
    安心して博愛主義者と公言する

    てへっ

    夏至までに原点回帰
    そんなワードが耳に入ったので
    私の大切な根底にある力
    博愛主義者を取り戻していく

    私にとって
    グランディングになるコトバ